サーカスくまのお弁当箱入れの作り方

サーカスくまのお弁当箱入れの作り方

書店で一目惚れして以来、次々と可愛らしい作品が仕上がって入学&入園準備を楽しんでいます♪

それがこの本☆

 

おめかしくまさんの上履き入れ(*^o^*)/~~~

DSCF5453

 

フリルみたいなレッスンバッグ(*^o^*)/~~~

い

 

どれもこれも心躍るデザインですっ!

 

さて今回作ったのは娘たちからはネコと言われてしまいましたが、一応、<サーカスくまのお弁当箱入れ>です。

 

スポンサーリンク

 

材料&布のカット

出来上がり目安は、

たて21×よこ29cm、マチ10cm(持ち手は含まない)

です☆

 

●布 (表袋布分)30×32cm

●布 (裏袋布分)55×32cm

*縫い代は1.5cm

DSCF5498

 

●布 (底布、くま耳分)40.5×32cm

●布 (くま帽子分)9×9cm

*縫い代は1.5cm(くま耳は1cm)

DSCF5499

 

●ひも 80cm×2本

●手芸用綿 適量

●ボタン1個

●刺しゅう糸

 

くまの顔を作る

まず底布のおもてに刺しゅうをします。

DSCF5500

分かりにくいですが、まず図案を下書き。

DSCF5501

赤い布に映えるように黄色の糸を使いました。

DSCF5502

 

続いて耳を作ります。

くま耳布2枚を中表に合わせてカーブを縫います。

DSCF5503

縫い目の外に切り込みを入れて、

DSCF5504

おもてに返しましょう。

DSCF5505

 

次に帽子です。

帽子布2枚を中表に合わせて2辺を縫います。

DSCF5506

おもてに返したら少量の綿を詰めます。

DSCF5507

本ではドットを刺しゅうがしてありましたが、わたしは布がドットだったのでしませんでした。

 

作った耳と帽子を底布の上にのせてまち針でとめます。

帽子を中心に合わせておいて、それに合わせるように耳を並べましょう。

DSCF5508

上から1cmのところを縫います。

DSCF5509

 

表袋布と底布を縫う

表袋布と底布を中表に合わせて縫います。

DSCF5510

 

DSCF5511

DSCF5512

縫い代は割りましょう。

 

先ほど付けた耳と帽子を起こして、表袋布に縫い付けます。

帽子の上にボタンも付けます。

DSCF5513

 

脇を縫う

表袋布と底布を縫い合わせたものを中表に半分に折りたたんで、

DSCF5514

あきどまりまで脇を縫います。

DSCF5515

あきの縫い代を割り、端を縫い付けます。

DSCF5516

 

裏袋布も返し口を残して同様に縫います。

DSCF5517 DSCF5518

 

マチを縫う

底布と裏袋布の左右にマチを縫います。

*マチは10cm

DSCF5519 DSCF5520 DSCF5521

 

入れ口を縫う

表袋布と裏袋布を中表に重ねて入れ口を縫います。

DSCF5522

DSCF5523 DSCF5524

 

裏袋布の返し口から表に返したら、返し口に端ミシンをかけます。

DSCF5525

 

仕上げる

裏袋布を内側にしまいましょう。

続いて、入れ口から4cmのところを縫い、ひも通し口を作ります。

DSCF5526

 

ひも通し口に左右からひもを1本ずつ通して端をひと結びします。

次女の幼稚園から、ちょうちょ結びの練習のため左右色がちがう紐でお願いしますと言われていたので、色違いのひもを通しています。

DSCF5527

 

完成

さて、いよいよ完成です☆

家にあったプラスチック容器を入れてみました。

DSCF5529

↓↓↓

DSCF5528

↓↓↓

DSCF5530

けっこうな容量です♪

 

上から見てもOK!

DSCF5531

次女は「お弁当が楽しみになった」そうで、何よりです☆

 

ちなみに参考にした本はこちら。

今回作ったサーカスくまのお弁当箱入れの他にも、お弁当グッズなら、しましま模様のランチバックとランチョンマット、ステッチアップリケのお弁当箱入れ、コップくんとコップちゃんのコップ袋、プラ板ボタン付きコップ袋、男の子と女の子のカトラリーケース、おでかけバッグ型カトラリーケースと、おしゃれでワクワクするデザインがたくさんです♪