キルティングを使わない裏地なしのピアニカケースの作り方

キルティングを使わない裏地なしのピアニカケースの作り方

ピアニカケースってキルティングを使っているものが多いと思うのですが、わたしは普通生地の手触りの方が好きなので、今回は中に接着キルト芯を入れて作ってみました☆

外側はサラサラ、感触はふわふわ!

思い通りの仕上がりで嬉しいです♪

 

さらに、裏地を作る面倒もちょっとした工夫でパスしてみました(^0^)

 

ちなみにピアニカはSUZUKIのメロディオンです。

 

 

スポンサーリンク

 

材料

DSCF4216

●本体生地 縦48cm×横50cm分(輪にするので縦は20cmが前後2面の40cmとマチ8cmを足して48cmです)

●ふた生地 縦20cm×横20cm分

●持ち手生地 縦4cm×横44cm分

*全てに縫い代がプラス1cmです。

●ボタンセット

●2cm幅のバイアステープ

 

本体の布をカットする

裏布を付けずに済ませるために、両面表みたいになるようにしていきます。

本体の布、縦48cm×横50cmが縦に2枚、続けて並ぶ感じですね。(縦96cm×横50cm)

輪にしてたたんでいます。

DSCF4217

 

ふたの布をカットする

ふた部分の布をカットします。

本に載っていた型紙を200%で拡大コピーして使いました。

DSCF4218

表裏の2枚です。

DSCF4219

 

持ち手の布をカットする

持ち手は共布で作ります。

DSCF4220

 

接着芯をカットする

ふた、持ち手部分に使う接着芯をカットします。

長さをはかるのが面倒だったので、目分量で布より一回り小さめにカットしました(笑)

持ち手2枚分、ふたは1枚分です。

DSCF4221

 

本体の布に接着キルト芯を仕込む

本体の布にキルティングを使わないかわりに、普通生地でも衝撃に耐えられるよう接着キルト芯を仕込んでみました☆

接着という割に、ダイソーの接着キルト芯はアイロンではくっつきません。

布で挟み込んで縫い付けるタイプです。

 

まず、本体の布の大きさ縦48cm×横50cmの大きさに接着キルト芯をカットします。

DSCF4222

その接着キルト芯を最初にカットした縦96cm×横50cmの本体の布ではさみます。

DSCF4223 DSCF4224

まち針を打ちます。

DSCF4225

上辺を直線縫いします。

DSCF4227

両脇をジグザグ縫いで縫います。

DSCF4228

これで、中に接着キルト芯が入った両側表の一枚布ができました!

DSCF4226

 

持ち手を作る

接着芯を貼ります。

DSCF4232

縫い代を折り込んでアイロンがけをします。

DSCF4233

さらに中央に折ってアイロンをかけます。

DSCF4234

端を縫います。

DSCF4236

 

ふたを作る

ボタンの片方を付けます。

付ける位置はこちら。

DSCF4229

接着芯を貼ります。

DSCF4235

表布、裏布を外表に縫い合わせます。

DSCF4243

 

バイアステープでくるみます。

この茶色で可愛い水玉模様のバイアステープはダイソーで買えますよ♪

 

バイアステープの端を1.5cm折り、バイアステープの片端を開いて布端に中表に合わせてまち針を打ちます。

DSCF4244

外側の折り目の上を縫っていきます。

DSCF4245

裏返してバイアステープでくるみながらまち針を打ちます。

DSCF4246

外側から0.2cmのところを縫います。

DSCF4247

 

袋を作る

まず本体の布の両脇を縫います。

両方表なので、どちらでも好きな方に折っても大丈夫です♪

まち針を打って縫います。

DSCF4237

DSCF4238

 

ボタンの残りの一つ(対の一つはふたに付けましたね)を場所を間違えずに縫い付けます。

DSCF4230

ここらでアイロンをかけておきましょう。

DSCF4231

 

マチを付ける

裏を向けたままマチを作ります。

8cmで作りました。

DSCF4239

線を引いた上を縫い、三角形の部分は切り取ります。

DSCF4240

サイズが合っているか心配になってきたので一度ピアニカをいれてみます。

よかった、入った!!

DSCF4241 DSCF4242

 

袋口にバイアステープとふたを付ける

袋を裏返して外側が表という状態にしてから、バイアステープを、袋の内側(裏側)に中表に合わせてまち針を打ちます。

ふたの時と同様、縫い始めは1.5cm折り、最後のテープ端は先端に重なるようにしましょう。

DSCF4248

上側の折り目の上をぐるりと縫います。

DSCF4249

中央から位置を合わせながらふたをまち針で止めます。

本体の後ろ側になるように注意しましょう(ボタンの位置にも注意です)。

DSCF4251

内側に縫い付けたバイアステープで袋口をくるみながら、縫います。

DSCF4252

ふたの部分も同じようにくるみながら縫います。

DSCF4253

ふたを補強するため、さらにもう一度、バイアステープのすぐ下を直線縫いします。

DSCF4254

 

持ち手を縫い付ける

ふたのすぐ横に縫い付けます。

補強も兼ねて、四角く縫ったあと、その中をバツ印でもう一度縫いました。

DSCF4255 DSCF4256

 

完成

ようやく完成しました!

バイアステープと布の相性もよくて嬉しいです☆

DSCF4257

ピアニカを入れると・・・。

DSCF4258

ふたつきなので安心♪

DSCF4260 DSCF4259

 

作った感想

わたしが見たことあるピアニカケースはだいたいキルティングだったので、普通生地で作れるかどうか心配でした。

しかし、中に接着キルト芯を挟み込み、さらに、2枚で1枚の布を作ったことで外側のさらさらの手触りを実現しながら衝撃に対する安心も兼ね備えることができたと思います☆

長女が気に入っていた布で作れたことも嬉しい(^0^)

 

持ち手が44cmあるので、5歳の長女は肩掛けにもできました。

すごく気に入ってくれて一安心です☆

DSCF4261 DSCF4262

 

幼稚園の入園グッズを手作りした時の布が余った~!という時にはピアニカケースを作ってみてはいかがでしょうか。

幼稚園にもよるのかもしれませんが、年長さんになったら使う園が多いですよ☆

園指定のサイズをしっかりチェックすればバザーでも売れそうですね♪

 

●●●参考にした本●●●

ちょっとアレンジはしましたが、だいたいの作り方の参考にしました☆

バイアステープの付け方がすごく参考になりましたよ(^0^)

 

●●●使ったミシン●●●

見た目も可愛く、初心者にも扱いやすいです☆

接着キルト芯を押さえるときに使ったジグザグ縫いの設定もボタン一つで簡単♪