かぎ針編みの参考にしたいおすすめの本3選

かぎ針編みの参考にしたいおすすめの本3選

かぎ針編みは、慣れるまでは気に入った本を見つけて、その中の作品を忠実に作ってみるというやり方がおすすめです。

基本の小物を作るうちに、作品の大きさや色をああしたい、こうしたいという欲求が出てくるので、その時に基本のやり方を活かして作るととてもスムーズ。

という訳で、つまづいたときにすぐ調べることができる辞書のような本、ちょっと上達したら楽しみたい、モチーフ編み、立体的なものが編める本の3冊をご紹介します☆

 

スポンサーリンク

 

かぎ針編みの教科書的存在

 

だいたいの本には、巻末にちょろっと作り方が載っています。

が、そんな簡易なものではぶきっちょなわたしには到底理解できず、分からないことがあるときにさっと調べられる辞書のような本が欲しいと探したところ、かぎ針編み困ったときに開く本 (本当に知りたかった基礎のキソ)という本に出会いました。

 

「目や段とはなんであるか」から始まり、初心者がつまづきがちな目の拾い方、目数・段数の数え方、などを懇切丁寧に解説してあります。

この本のおかげで、段目リングを使いながらではありますが、目や段についてのまちがいがなくなりました!

 

すべての編み方を網羅しているので、フェリシモの説明書で出てくる分からない編み方や、他の本の作り方で分かりにくい箇所など、このかぎ針編み困ったときに開く本 (本当に知りたかった基礎のキソ)ですべて解決しています☆

初心者なら手元に置いておきたい1冊です。

 

 

モチーフ編みがしたいときの決定版

 

かぎ針で編む かわいいモチーフ&小ものは、モチーフ編みの決定版だとわたしが思う1冊です☆

 

表紙の可愛さにつられて買ってしまいました。

内容は、四角や丸や花などの形ごとに分けて紹介されており、つなげて作るストールやバッグは圧巻!

1枚でコースターにできるものもあり、時間や毛糸の残量と相談しながらいろんなモチーフ編みを楽しめます。

色使いだけでも大変勉強になりますよ♪

 

しかし初心者向けではないので、わたしは先ほどのかぎ針編み困ったときに開く本 (本当に知りたかった基礎のキソ)を合わせて参考にしています。

 

 

子どもに編んであげたい時の1冊

 

子どもに編むと言ってもセーターや靴下などはまだまだわたしにはハードルが高いなと思っていたとき、おままごとにも使えそうなあみあみレストランという本を見つけました。

作り方の中でも、かぎ針で編んだどんぶりばちの中に入ったラーメンや、かぎ針で編まれたお鍋にこれまたかぎ針で編まれた海老天などの具材とともに収まっているもちろんかぎ針で編まれた鍋焼きうどんがすごく素敵です。

他にもおでんやおすしなども!!

他にもケーキなどのスイーツも充実しており、編める編めないをそのときは考えず、本の可愛さにつられて即購入しました。

 

 

その中からハンバーガーを選んで編んでみましたが、パーツはたくさんあるけれど、一つ一つの作り方は単純で簡単。

バーガー3 バーガー1 バーガー2

 

子どもたちが大喜びでハンバーガー屋さんごっこを始めてくれてすごく嬉しかったです♪

これセットで売れば、幼稚園のバザーでも人気出そうですよね(^0^)

 

お寿司とかはストラップにしてもすごく可愛いです( ^ิω^ิ)y-~~

 

あみあみレストラン がすごく気に入ったので、またほしみつきさんの本が欲しいと思っています。