かぎ針編みの用具と材料の揃え方のコツ

かぎ針編みの用具と材料の揃え方のコツ

かぎ針編みをしたいと思ったら、まずは使いやすい用具を揃えることが大切です。

かぎ針の素材や太さ、種類をしっかりと確認しておきましょう。

 

糸についても同様に、素材や太さ、種類を確認し、ラベルからしっかりと情報を得られるようにしておくといいですね。

 

スポンサーリンク

 

かぎ針の種類と選び方

 

<かぎ針の素材>

金属製が多い。

竹製のものや、ジャンボかぎ針には、プラスチック製のものもある。

 

<かぎ針の太さ>

号数で表記され、数字が大きくなるほど太くなる。

2/0号から10/0号まであり、それより太い針はミリ表示のジャンボかぎ針になる。

レース針は号数が大きくなるほど細くなる。

 

<かぎ針の種類>

方かぎ針と、両側が異なる号数のかぎになっている両かぎ針がある。

 

●ジャンボかぎ針

太さはミリ表示で7ミリから20ミリまである。

極太以上の太い糸を編むときにおすすめ。

 

●グリップ付きかぎ針

樹脂製のグリップがついているかぎ針。

長くにぎっていても疲れにくいので、大作を編みたいときや、プレゼントにもおすすめ。

 

●片かぎ針、両かぎ針

DSCF2835 - コピー

最も一般的なタイプのかぎ針。

金属製は毛糸のすべりがよくて編みやすいため、さくさく編み進めたい方におすすめ。

 

●レース針