リボンフラワーメーカーの使い方

リボンフラワーメーカーの使い方

リボンフラワーメーカーは、プレートにリボンを巻きつけていくだけで簡単にリボンフラワーができてしまうというスグレモノ☆

できあがったリボンフラワーは、ヘアゴム、ヘアピン、ラッピングなどに使えます(^0^)

そして、実際に作ってみた時に説明書通りに用意したリボンの長さだと長すぎて最後に余るのがもったいなかったので、私はリボンを切らずに(本体?のまま)作って最後にギリギリのとこで切るという工夫をしてみました♪

 

スポンサーリンク

 

材料

CloverリボンフラワーメーカーS

今回使ったのは五角形のプレート。

リボンメーカー

●約1cm幅のリボン

リボン3.JPG

 

リボンの巻き方

リボンの巻き方図(5角星)です。

リボン1.JPG

リボンのはしをプレート中央の穴から2~3cm出してから巻き始めます。(リボンは本体とつながったままです)

*私が今回使ったリボンは表裏がありませんが、リボンによっては表と裏があるものがあります。その場合はリボンの裏が見えるように中央の穴から出します。(そうすると巻いたときに柄が表に見えます)

リボン4.JPG

右上の角に上からリボンをかぶせます。*ゆるまないように引っ張りながら巻くのがきれいに作るコツです!

リボン5.JPG

裏を通って2番目に巻く左上の角へリボンを持ってきます。(これで1番目の右上の角にリボンが巻けました)

リボン6.JPG

左上の角に下に持ってきたリボンを上へかぶせます。

リボン7.JPG

同じ要領で右下、

リボン8.JPG

上、

リボン9.JPG

左下、

リボン10.JPG

と巻きます。

そのままあと2周(全部で3周)巻きます。

3周巻けたら裏側から針を刺し、

リボン11.JPG

中央を縫い留めます。

リボン13.JPG

ここで本体とリボンを切り離します。(縫い留めた少し先を切ります)

リボン15.JPG

 

プレートからはずす

リボンをプレートから外します。柔らかいので簡単にはずれます♪

リボン16.JPG

外れました。

リボン17.JPG

 

整える

重なっているリボンを1枚ずつはずし、3段にします。

リボン18.JPG

段ごとに左右に引っ張って形を整えます。(互い違いにリボンが見えるように)

リボン19.JPG

本には中央の余っているリボンはボンドでとめるとありますが、私は面倒くさいのでモチーフと一緒に縫い付けてしまいます。

中央の余ったリボンを折り込んで一度縫い留めます。

リボン20.JPG

そしてモチーフをつけます。

今回はピンク色のビーズを使いました☆

リボン21.JPG

自分の好きな数のモチーフを縫い付けたら裏で玉止めします。

リボン22.JPG

出来上がり(^0^)/

リボン23.JPG

 

リボンを作った感想

すっごく簡単です♪

しかも可愛い!

レースやサテンで作っても面白そうですね(●^v^●)

 

最後に縫い留めるため、あんまり厚い生地のリボンだと大変そうですのでご注意を☆

ちなみに7角星の巻き方はこんな感じです。(巻き方以外の作り方は全く同じ)

リボン2.JPG

 

リボンフラワーのおすすめアレンジ

●マグネット

最後にモチーフを縫い付けるときに、リボンの一番下の布の部分に磁石を外から見えないように隠して周りを縫い付ければ簡単お花のマグネットの完成☆

DSCF0680 DSCF0683