内布付き&共布持ち手のバッグの作り方

内布付き&共布持ち手のバッグの作り方

今回作ったのは、フェリシモ基本のバッグとポーチが作れちゃう!はじめてさんのソーイングレッスンの会内布付き&共布持ち手の基本バッグのキットです(´∀`*)

<製作キット>

DSCF2921

<説明書>

すごく丁寧です☆

DSCF2922

早速作ってみます(^0^)

 

スポンサーリンク

 

材料

<フェリシモのキット>

●水玉布、無地布、接着芯、レース、タグ

DSCF2923

 

<セリアで揃えたもの>

●はさみ、チャコペン、定規

DSCF3530

 

布と接着芯をカットする

作り方説明書を見ながら、できあがり線、カット線、持ち手つけ位置、返し口の印をつけて、カット線に沿ってカットします。

 

●外布

こちらはポケットのための印ですが、こんな感じ。

セリアのチャコペン、しっかり写ってますね♪

DSCF3565

 

外布すべてカットしました。

見えにくいですが、できあがり線も付けてあります。

DSCF3566

 

 

●内布

DSCF3568

 

●接着芯

のりがついていない面に印をつけて、カットします。

DSCF3569

 

ポケットを作る

ポケットの入れ口を裏側に3つ折りにしてアイロンをかけます。(見えている方は裏です!)

DSCF3570 DSCF3571

まち針で止めて縫います。

DSCF3572 DSCF3573

ポケットを表に返し、入れ口にレースをのせて縫います。

余分なレースはカットしましょう。

DSCF3574 DSCF3575

 

残り3辺の縫い代を裏側に折ってアイロンをかけます。

DSCF3576

 

持ち手を作る

最初に外布からカットした布を使います。

持ち手の裏側に持ち手をアイロンで貼り付けます。

 

持ち手の裏側に、のりがついている面を合わせます。

 

DSCF3577

 

持ち手の縫い代を裏側に折り、アイロンをかけます。

DSCF3578

さらに、外表に半分に折ってアイロンをかけます。

DSCF3579

まち針で止めて縫います。

DSCF3580

DSCF3581

アイロンをかけて、反対側も縫います。

DSCF3582

 

*接着芯は、布に厚みを持たせる、張りを持たせる、補強はしたいが柔らかい風合いは残したいなど、その時々の目的により使い分けます。

*アイロンは、中温・ドライで貼り合わせます。

*接着芯のざらざらとした感触と接着剤の光沢がある面がのりがついている面になります。

*アイロンを高温にしたり、布の表側からあてると、布が縮む場合があります。必ず接着芯側からアイロンをすべらせずに、押さえるようにしてかけましょう。

 

外布を作る

外布の表側、説明書にある位置にタグとポケットを置いてまち針で止めます。(タグは上下の向きに注意です)

DSCF3583 DSCF3584

タグとポケットを縫います。

DSCF3585 DSCF3586

 

続いて、外布の裏側につけた持ち手付け位置の印に合わせて、表側に持ち手2本をまち針で止めて縫います。

ポケット側。

DSCF3587

タグ側。

DSCF3589

中はこんな感じ。

DSCF3588

 

外布を中表に合わせて半分に折り、まち針で止めて両側を縫います。

DSCF3590 DSCF3591

 

内布を作る

内布を中表に合わせて半分に折り、まち針で止め、返し口を残して両側を縫います。

DSCF3592 DSCF3593

青で囲んでいる部分が返し口です。

DSCF3594

 

仕上げ

外布と内布の縫い代をアイロンで割ります。

その際に、底の縫い代を斜めにカットします。(この時に縫い目を切らないように注意です!)

DSCF3595

DSCF3596 DSCF3597

 

外布を内布の中に入れます。

DSCF3598

まち針で止めて入れ口を縫います。

DSCF3599 DSCF3600

 

 

内布の返し口から表に返し、返し口をコの字とじでとじ合わせて外布の中に内布を入れます。

DSCF3601

 

入れ口を整えてできあがりーっ(^0^)/

DSCF3602

主人曰く、ポケットと持ち手が既製品っぽいとのこと♪

 

完成した感想

接着芯の入った持ち手は、持ち心地抜群です!

いろいろ、手持ちのお気に入りの布で作ってみたいと思います♪

 

ちなみに所要時間2~3時間でした。

わたしが思う一番の面倒なポイントである最初の印付け。

でもここをちゃんとするだけで、作る過程や仕上がりがこんなに違うんだと実感しました。

 

これからもちょっとした手間を惜しまず、ミシンライフを楽しみたいと思います(^0^)