くるみボタンのおすすめアレンジ法

くるみボタンのおすすめアレンジ法

くるみボタンのアレンジで何かいい方法は無いかとダイソーをウロウロしていたところあるものが目に入り、「そうだ!マカロンタワーを作ってみよう!!」と思い立ちました。

早速ですができた作品がこちら☆(3方向からどうぞ♪)

DSCF2107 DSCF2108 DSCF2109

 

作り方は土台にくるみボタンを貼り付けていっただけです(^0^)

 

スポンサーリンク

 

アレンジ①:マカロンタワー

くるみボタンは裏側の足を外しました。

12mmや15mmと小さなボタンの足はとっても外しにくいので、両手にペンチを持ってグイッと抜きます。

DSCF2100

危険な作業なのでくれぐれも怪我にはご注意くださいね☆

 

ボタンの裏側は足を抜く際に凹んでも歪んでも、どうせあとで押し込んでグルーガンで貼り付けるので大丈夫です。

抜いたあとの裏側の上下だけは覚えておいてください(v v)

 

こうして大小さまざまなくるみボタンを作成します。

今回は花柄カットクロスで統一しています。

DSCF2106

 

このボタンを土台にグルーガンで貼り付けます。

*グルーガンって?

グルーガンとは、ダイソーなどの100円均一でも手に入るホットボンドです。

コンセントを差し込むと先端が高温になり、熱いボンドが出てきてかなりの強度でくっつけることができます。

 

さて、くるみボタンを貼り付けた土台とは・・・。

こちら!!

DSCF2099

ダイソーで2組108円で売っているカラーコーンです。

一輪車の練習やラジコンで遊ぶ時につかうあれです。

下の四角くなっている部分ははさみで切り取りました。

DSCF2105

マカロンタワーの土台にはもってこいの形ですよね(☆∀☆)

このカラーコーンにくるみボタンを貼り付けて、隙間にはバラのモチーフを貼り付けています。

カラーコーンもバラモチーフもくるみボタンも、全部ダイソーで揃いました☆

 

一番上にはヨーヨーキルトを貼り付けました。

DSCF2110

完成したマカロンタワーは玄関に飾っています☆

DSCF2111

 

初めて作ったマカロンタワー、大きさがバラバラになったり隙間の埋め方が甘かったりできれいなマカロンタワーとは言えないかもしれませんが私自身はすごく気に入っています♪

 

アレンジ②:ウッドクリップ

百均で手に入るウッドクリップを可愛くしてみようと思い、先っちょにサザエさん刺しゅうのくるみボタンをくっつけてみました☆

DSCF2112

図案を写してバックステッチやアウトラインステッチ、サテンステッチなどを駆使してサザエさん一家全員のくるみボタンを作り、それをウッドクリップに貼り付けてアレンジ♪

くるみボタンをウッドピンに付けるときにはグルーガンを使っています。