手づくりくるみボタンアレンジの参考にしたいおすすめの本3選

手づくりくるみボタンアレンジの参考にしたいおすすめの本3選

くるみボタンは百均にも手作りキットがあり、作り方も簡単なので本がなくてもキットのパッケージの裏側を参考にするくらいで十分です。

しかしくるみボタンに関するお気に入りの1冊があれば、アレンジの仕方、デザイン、布使いなどはすごく勉強になりますよ☆

 

スポンサーリンク

 

手づくりくるみボタンの本

 

大好きなくるみボタンの可愛いデザインをもっと見てみたいと思い、こちらの本を購入しました♪

 

表紙に「はじめてでもかんたん!」と書いてある通り、すぐに作れそうなデザインのボタンもたくさん紹介されていました。

 

●針と糸を使ったくるみボタン

●アクリル絵具を使ったくるみボタン

●毛糸やフェルトをパンチングするくるみボタン

●編んで作るくるみボタン

●消しゴムハンコのくるみボタン

●写真をプリントするくるみボタン

●柄別くるみボタン

といった内容です♪

 

最後に載っているくるみボタンの作り方は非常に簡単に書いてあるだけなのでちょっと分かりづらいかもしれませんが、アクセサリーやストラップにする手順はすごく参考になりました。

 

作らなくても可愛いデザインがてんこ盛りなので見ているだけで幸せになる1冊です☆

くるみボタンはアレンジが利くので、幼稚園バザーに可愛いくるみボタン単体で出品してもいいかなーなんて考えています(^皿^)

 

 

フリマにバザーに今、作りたい!簡単かわいい手づくりグッズ283

 

フリマやバザーに今、作りたい! 簡単かわいい手作りグッズ (別冊すてきな奥さん) はくるみボタンの本ではありません。

バッグやポーチ、その他小物の作り方(主にミシンを使う)が掲載されている本です。

 

しかし、その中の特集に「くるみボタンキットでこんな作品ができました」というのがあり、

●ブローチ

●ワッペン

●勲章(ロゼット)

●ネックレス&ヘアゴム

●キノコのストラップ

●リンゴとチョウのレッスンバッグ

●ブックカバーのしおり

の作り方が載っています。

3ページほどの小さな記事ですがどれも可愛くてとても参考になりますよ♪

 

ハギレを使い切りたいという理由からくるみボタンにたどり着く方も多いと思いますが、そのような目線ならば「100円グッズが大変身!デコアレンジでオリジナル雑貨を作りましょう」という特集も大変参考になります。

クリップやマグネットバーといった百均で手に入るものが、少しの布で可愛くアレンジできるようになっていますよ☆

くるみボタンと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか(^0^)

 

 

はじめての手づくりロゼット

 

はじめての手づくりロゼット という本はその名のとおりロゼットの作り方の本で、くるみボタンの作り方の本ではありません。

ロゼットの中心につけるモチーフにはお気に入りのボタンやオリジナルのボタンをつけて楽しむということで、ロゼットにくるみボタンを使った作品が多数掲載されているのです☆

くるみボタンをたくさん作ったので何かに使いたいというときにとっても役に立つ1冊ですよ(^0^)

 

これを読んでからロゼット作りにもハマってしまいました!

ロゼットってブローチ、バッグチャーム、ヘアアクセ、バレッタ、イヤリング、シュークリップなどこんなに使い道があるんですね。

わたしは娘の幼稚園の発表会で着る服に手づくりロゼットをあしらってみましたよ♪